世界でいちばん遠い夏

 

青い浴衣で打ち上げ花火を見上げながら

「きれいだね」とつぶやいた君の姿が

世界でいちばん遠く見えた

 

指でつくったフレームに

焼きつけようとしたけれど

夕暮れの街にとけていった

 

 

高速バスのターミナルで

束の間の別れを惜しんだ

寂しさを包んだ君の笑顔は

これから向かう都会よりも遠く感じた

 

季節が変わるたび

積み重ねていくものに

気づかないフリをした

 

 

振り返らずに夏はゆくけれど

一度だけ立ち止まって 振り向いたら

また前を向いて歩いていくんだ

 

 

あの夏

もう返らない夏

 

世界でいちばん遠い夏