読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

季節の扉

 

優しく降り続いた雨は

君の足あとを消していった

 

雨上がりの空が高く見えるのは

君が少し大きくなったからかな

 

あどけなさの残る横顔も

今では少し逞しく見えるから

 

さあ 扉を開こう

つぎの季節へと歩き出そう

 

いつか夢見た

大人の君に近づけるように

 

 

流れ星にこめた

大切なねがいごと

 

いっぱいの笑顔と少しの涙は

きっと君を大人にしてくれる

 

夏が君にくれた宿題は

思い出のカバンに詰め込んで

 

ほら 新しい日々

大人の気持ちで迎えよう

 

つぎの季節も

素敵な君に出会えるように