10月4日の雨

 

「ずっと一緒にいようね」と

誓い合った君の姿は

言葉と裏腹に消えていった

 

優しさが君を傷つけたの?

今はもうわからないけれど…

 

10月4日の雨が僕を打つ

10月4日の雨が僕に降り注ぐ

 


「これからもよろしく」と

くすぐったく笑い合った部屋に

二人の面影はもうなくて

 

小さなあやまちの傷跡さえ愛おしい

いつか哀しみが二人の手を引き離したの?

 

10月4日の雨が僕に降る

10月4日の雨が僕を包み込む

 

 

いつか君が思い出の中に僕を見つけたら

きっと笑って手を振ると約束するよ

 

10月4日の雨が僕を打つ

10月4日の雨が僕に降り注ぐ

 

いつかやむ雨と知っていても

今はこの雨に打たれていたい

 

今だけは……