読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い河

 

遥か南の町を 渡る一筋の流れ

夕暮れを抱き 炎が煌く水面に

星色の影を落としながら 舟が下ってゆく

 

やがて薄明 河は黄金の月を受け留める

そのひと時を 永遠に感じながら